• White LinkedIn Icon
  • White Facebook Icon

​樫原 潤 (Jun KASHIHARA) のホームページ

 

臨床心理学・社会心理学を専門とするポスドク研究員のホームページです。樫原の研究テーマや研究業績を紹介するとともに,心理統計学・研究法に関する資料や,研究者としてのキャリア形成のヒント (学振特別研究員になるためのノウハウなど) を共有することを目的にしています。

 

  • White LinkedIn Icon
  • White Facebook Icon

​樫原 潤 (Jun KASHIHARA) のホームページ

臨床心理学を専門とする大学教員のホームページです。樫原の研究テーマや研究業績,臨床・教育の方針を紹介するとともに,心理統計学・研究法に関する資料や,キャリア形成のヒント (研究費獲得のすすめなど) を共有することを目的としています。

※このホームページは個人の責任で運営しており,所属とは関係ありません。

樫原 潤 (Jun KASHIHARA)

東洋大学社会学部助教
博士 (教育学),臨床心理士,公認心理師

Email:

kashihara[at]toyo.jp

Researchmap:

https://researchmap.jp/junkashihara/

SlideShare:

https://www.slideshare.net/JunKashihara/

News & Topics

【2022年度の学会発表等について】
2022年度は,現時点では,下記の学会で発表を行う予定です。詳細が決まればリンクを貼っていきますので,ぜひチェックしてください。

■人工知能学会 (2022年6月14-17日@京都+オンライン)
シンポジウム (オンライン)

■日本教育心理学会 (
2022年8月10日-9月10日@オンライン)
チュートリアルセミナー (オンライン)

■日本心理学会 (2022年9月8-11日@東京+オンライン)
・チュートリアルセミナー (オンライン)
・ポスター発表 (現地)

■日本認知・行動療法学会 (2022年9月30日-10月2日@宮崎+オンライン)

・シンポジウム (現地)


【更新履歴】
2022/5/10  トップページの「2022年度の学会発表等について」を更新しました。また,「経歴」の「査読実績」を1件追加しました。

2022/3/31  トップページの「2022年度の学会発表等について」を更新しました。また,「経歴」の「査読実績」を1件追加しました。

2022/02/28  分担執筆者として携わった『感情制御ハンドブック:基礎から応用そして実践へ』が,3月3日に北大路書房より発売されます。それに伴い,「研究業績」の「書籍」のページを更新しました。

2022/1/1  トップページに「2022年度の学会発表等について」を掲載しました。また,「経歴」の「査読実績」を1件追加しました。

2021/12/09  連名著者として執筆に加わった論文 "
Stigmatizing and mitigating elements of a TV news report on crime and severe mental illness: An experiment" が,『Stigma and Health』誌に採択されました (メルボルン大学の研究チームとの国際共著になります)。それに伴い,「研究業績」の「学術論文 (査読あり)」のページを更新しました。

2021/11/11  単著で執筆した論文「理論構築の観点から紐解く心理ネットワークアプローチの活用上の留意点:松本論文へのリプライ」が,『心理学評論』誌上で公開されました。「学術論文 (査読あり)」のページから,どなたでも無料でダウンロードできますので,ぜひご覧ください。

 

 
 

研究業績

​これまでの研究業績の一覧を示しています。国際・国内学会発表の資料のうち一部SlideShareで公開しています。

全文が無料公開されている論文については,外部リンクを表示しています。ご所属の機関で手に入らない論文については,樫原までお気軽にお問い合わせください。

 

​心理統計・研究法の資料

​これまで,大学院時代の授業やプライベートの研究会を通し,心理統計や研究法に関するレジュメを数多く作成してきました。引出しにしまっておくのも忍びないので,この場で共有します。

ここに掲載するレジュメは,すべて「英文雑誌 (Psychological Methodsなど) の論文の内容を要約したもの」になります。その時々の興味関心に従って論文を選んだため,テーマの統一性はありません。

※当ホームページへの掲載にあたり,誤字脱字等明らかなミスは修正しましたが,内容が正確かどうかは保証できません。各レジュメはあくまで参考に留め,原典を当たっていただくことを強く推奨します。

 

​臨床・教育の方針

​私はよく「樫原さんの研究から刺激を受けています」と声をかけていただきますし (ありがたいことです),実際「時間や労力の大半を研究に割く」という生活を送っています。

しかし,私は「臨床や教育はどうでもいい,研究さえできれば良い」とは思っていません。臨床や教育については,「腕前は二流三流だとしても,覚悟と矜持をもったプロフェッショナルでありたい」と常々考えています。

詳しい方針は以下の通りです。誰かに参考にしていただけるところがあれば幸いです。

 

キャリア形成のヒント

​研究者や,研究に興味をもった学生にとっては,「この先どのような人生を歩んでいくか」ということが大きな悩みのタネとなります。私自身も,進路にはとても悩みましたし,「研究を辞めるのもありかもな」と考えたこともあります。

悩みの時期を越え,「研究第一でやっていく」と決めるまでの過程では,様々な人・制度・機会から本当に多くの力をいただきました。その体験を踏まえ,キャリア形成に役立つ (かもしれない) 情報やメッセージを,思いつくままに書き記します。